ホンダ、ETC申請書紛失で個人情報318件漏洩

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは4日、四輪車ETC車載器新規導入助成申込書のホンダ社内での紛失により、販売店を通してETC助成金を申請した顧客の個人情報318件分が漏洩していたことを明らかにした。

漏洩した個人情報は、ETC助成金を申請した顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、自動車登録番号。

ホンダは、今回の紛失は同社内で発生しており、外部へ情報が流出した可能性は極めて低いと判断、この紛失による問題は一切発生していないとしている。

同社は、「個人情報の紛失について深く詫び申し上げる」として、再発の防止に向けて個人情報管理の徹底・強化を図るとしている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集