トヨタ、HV累計販売が200万台を突破

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
  • トヨタ、HV累計販売が200万台を突破
トヨタ自動車は4日、国内外でのハイブリッド車(HV)の累計販売が8月末までに約201万7000台になり、200万台を突破したと発表した。

同社は1997年8月に国内で小型バスの『コースターハイブリッドEV』を発売、同年12月には世界初の量産車となる初代『プリウス』を発売してHVの普及に先鞭をつけた。2000年からは、北米や欧州など海外市場にも投入。その後ミニバン、SUV、「レクサス」ブランドなどに搭載車種を拡大してきた。

トヨタは、これまでの同社のHV普及により、車両のサイズや動力性能が同等レベルのガソリン車と比較して、約1100万トンのCO2(二酸化炭素)排出抑制効果があったと試算している。

同社は現在、乗用車で10モデルのHVを展開し、約50か国・地域で販売している。また国内では『ダイナハイブリッド』など商用車3モデルも販売している。商用HVの累計販売は2700台となっている。HVシリーズの累計販売100万台の突破は、市場投入から約10年後の2007年5月であり、その後の100万台は2年3か月での達成となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集