BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド

自動車 ニューモデル 新型車

BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
  • BMW、アクティブハイブリッド7 を発表…マイルドハイブリッド
BMWグループは、ハイブリッドカー(HEV)、BMW『アクティブ・ハイブリッド7』を発表した。

アクティブ・ハイブリッド7は、「7シリーズ」をベースにしたHEVで、V8ガソリンエンジン、8速オートマチック・トランスミッション、電気モーターを組み合わせたマイルド・ハイブリッド・コンセプトを搭載する、世界初のモデル。

BMWのツインパワー・ターボ・テクノロジー、ハイ・プレシジョン・インジェクションを装備した改良型8気筒エンジンと3相同期電動モーターとの組み合わせにより、システム全体の最高出力は465PS、最大トルク700Nmを発揮する。

エンジンとオートマチック・トランスミッション用トルク・コンバーターとの間には、自動車専用に開発されたリチウムイオン・バッテリーから電力供給を受ける電気モーターをコンパクトに搭載、8速オートマチック・トランスミッションを通じて駆動力を伝達する。

アクティブ・ハイブリッド7は、エンジンと電気モーターのパワーを正確にコントロールすることで、効率アップに加えて、ダイナミックなパフォーマンスと優れた快適性を提供する。

これにより、スリリングな走りを提供しながらハイブリッド・テクノロジーによる驚くほどのポテンシャルを発揮するという。アクティブ・ハイブリッド7は、静止状態から100km/hまでの加速が4.9秒で、EUテストサイクルの平均燃料消費量は100km走行あたり9.4リットル(1リットル当たり10.6km)、CO2排出量は1km走行あたり219gに抑える。

アクティブ・ハイブリッド7は、BMWオートマチック・トランスミッションでは初めてオート・スタート・ストップ(オートマチック・エンジン・スタート/ストップ)機能を装備し、停車中や渋滞時、無駄なアイドリングをストップする。エンジンが停止している状態でもエアコンやベンチレーション・システムを作動し続けることができる。この場合は、リチウムイオンバッテリーをベースにした120Vオンボード・ネットワークから直接、電源の供給を受ける。

このエンジン・マネージメントに関するコンセプトにより、エンジンを始動する前でも、高性能クライメート・コントロール機能によって車内の温度を快適な状態に保つことが可能となる。

メーター・パネル内の専用ディスプレイとコントロール・ディスプレイには、効率とハイブリッド・コンポーネントに関しての作動状況が表示される。空力特性を高めた10本スポークのタービン・ホイール・デザイン19インチ・アロイ・ホイールは、専用の意匠を採用。また、トランクリッド、サイドウインドウ後方のCピラー、ドアにあしらわれたモデルエンブレムは、「標準」モデルとハイブリッドモデルとを明確に差別化する。

さらにアクティブ・ハイブリッド7のボディカラーは、スペシャル・モデル専用のブルーウォーター・メタリック塗装を採用する。

BMW7シリーズと同様に、アクティブ・ハイブリッド7は、ロングホイールベース車も設定する。標準モデルよりも14cm延長、特に後席乗員の快適性を向上させている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集