日産とクライスラー、提携を白紙撤回

自動車 ビジネス 企業動向
日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
  • 日産とクライスラー、提携を白紙撤回
日産とクライスラーグループは26日、OEM車の相互供給を主体とした事業提携を解消すると発表した。4月30日にクライスラーがフィアットと資本提携したのを受けて、両社が戦略の見直しを行った結果である。

クライスラーと日産は2008年1月、OEM車の相互供給を軸とした事業提携で合意。日産はクライスラーに対して、小型セダンの『ティーダラティオ』を納入し、2010年からはグローバルで販売する小型車をOEM供給する計画。また、クライスラーは日産に2011年から、ピックアップトラックのダッジ『ラム』を、次期日産『タイタン』として供給することが決定していた。

両社のOEMビジネスの第1弾として、2008年10月、クライスラーは新型ダッジ『TRAZO』(トラーゾ)を発表。トラーゾは日産ティーダラティオのOEMバージョンで、今年の半ばから、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの南米諸国で販売されている。生産は北米向け日産『ティーダ』(現地名『ヴァーサ』)と同じ、日産のメキシコ工場で行う。

今回の提携の解消は、クライスラーが4月30日、日本の民事再生法に当たる連邦破産法11条(チャプター11)の適用を申請し、同時にフィアットと資本提携すると発表したのを受けたものだ。クライスラーが将来発売する新型車の多くが、フィアットと車台を共用化することになっており、クライスラーは日産との提携を見直す必要に迫られていた。

なお、日産の関連会社のジヤトコは2004年から、クライスラーにトランスミッションを納入しているが、この関係については継続される。

日産とクライスラーは、「提携解消が両社にとって最高の選択肢」との共同声明を発表。両社の協力関係は、わずか1年あまりで幕を閉じることになった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 新生クライスラーとフィアット戦略提携で最終合意 画像 新生クライスラーとフィアット戦略提携で最終合意
  • ベルトーネがフィアット傘下入り、クライスラーの生産拠点に 画像 ベルトーネがフィアット傘下入り、クライスラーの生産拠点に
  • 日産とクライスラー、OEM相互供給を見直しへ 画像 日産とクライスラー、OEM相互供給を見直しへ
  • 【サンパウロモーターショー08】日産 ティーダ にクライスラー ダッジ版 画像 【サンパウロモーターショー08】日産 ティーダ にクライスラー ダッジ版

特集