日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用

エコカー 燃費
日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
  • 日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
  • 日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
  • 日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
  • 日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
  • 日産、ITS安全運転支援システム…世界初、フーガ 新型に採用
日産自動車は7月22日、同社が2006年からITS(人、道路、車両を情報でつなぐ高度道路交通システム)を活用して交通事故の低減や交通渋滞緩和を目指して進めてきた実証実験「SKYプロジェクト」の成果を活用した安全運転支援の機能を市販車のカーナビゲーションに搭載すると発表した。

この機能は、道路に設置されたシステムとの連携により交差点での事故の減少、ドライバーの判断負荷軽減、安全運転への意識向上など安全運転支援に有効な情報を提供するもので、実用化は世界で初めてとなる。この機能を採用したカーナビには、一部車種で既に採用されているエコ運転支援機能も搭載し、ドライバーの安全運転とエコ運転の両面で支援する。システムは、今秋発売予定の新型『フーガ』に採用する。

SKYプロジェクトの成果として今年度実用化される安全運転支援機能は、光ビーコンからクルマに送信される周辺車両の状況や自車を取り巻く交通環境の情報を用いて、クルマ単独では対応が難しい「見えにくい相手(交差点事故など)」に注意する。交通環境の情報インフラは、政府が今年度整備する。

具体的には、出会い頭衝突防止支援システム、一時停止規制見落とし防止支援システム、信号見落とし防止支援システム、赤信号停止車への追突防止支援システムを実用化する。出会い頭事故が多発する見通しの悪い交差点で、路上のインフラ設備との通信により、音声ガイドと画面表示でドライバーに注意を喚起する。

情報提供の必要性は、走行状況に応じクルマ側で判断する。このシステムの市販車カーナビへの採用は、世界初となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 交通安全啓蒙活動の公用車が事故を起こす 画像 交通安全啓蒙活動の公用車が事故を起こす
  • エコで安全な街…プログレスビレジ春日井中央 を街びらき トヨタホーム 画像 エコで安全な街…プログレスビレジ春日井中央 を街びらき トヨタホーム
  • ESC普及促進キャンペーン…JAF「まずは認知を」 画像 ESC普及促進キャンペーン…JAF「まずは認知を」
  • 携帯電話で高速道路の交通情報を提供 ゼンリンデータとNEXCO東日本 画像 携帯電話で高速道路の交通情報を提供 ゼンリンデータとNEXCO東日本

特集