【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走

自動車 ビジネス 企業動向
【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
  • 【グッドウッド09】アルファロメオ、超レアな名車が出走
アルファロメオは1日、7月3 ‐ 5日に英国で開催される「2009グッドウッドフェスティバルオブスピード」の出展内容を明らかにした。イタリアのアルファロメオ博物館所蔵の貴重な名車が、ヒルクライムに参加する。

グッドウッド名物として人気なのが、全長1.87kmのヒルクライム。栄光のF1やWRCマシンに混じり、数多くのクラシックカーが出走するとあって、毎年注目を集めるプログラムだ。

アルファロメオは今年のグッドウッドに、同社の博物館がコレクションしている名車で出走する。まずは1924年式『P2グランプレミオ』。1925年の第1回世界選手権で、ガストン・ブリリ・ペリが優勝を果たした由緒正しきマシンだ。

『6C3000CM』も格式高いマシン。1953年のミッレミリアで、ジュアン・マニュエル・ファンジオが2位という快挙を成し遂げている。このほか、ヘンリー・バーキンが1931年に破竹の活躍を見せた『8C2300ティーポ・ルマン』、1975年にアルファロメオに世界タイトルをもたらした『33TT12』など、往年のレーシングカーが勢ぞろいする。

スタディモデルも見逃せない。1965‐1980年にかけて、巨匠ガンディーニが手がけた2台が公開される。1968年式『CARABO』(カラーボ)はスーパーカーのスタディモデルで、油圧式ガルウィングドアが斬新。1978年式『NAJAVO』は、スポーツクーペの新しい形を提案した。

現行ラインナップからは、『8Cスパイダー』が出走。2008年3月のジュネーブモーターショーでデビューしたモデルで、クーペの『8Cコンペティツィオーネ』のオープン版である。

エンジンはマセラティ『グラントゥーリズモ』と共通の4.7リットルV8で、最大出力は450ps、最大トルクは48.9kgm。世界限定500台のうち、日本には70台が導入され、価格は2650万円だ。その量産第1号車が、ヒルクライムで美しい姿を披露する。

アルファロメオは来年、創立100周年のメモリアルを迎える。今年のグッドウッドはそのプロローグとなりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京スペシャルインポートカーショー09】開幕…スーパーカーから痛車まで1000台が集結 画像 【東京スペシャルインポートカーショー09】開幕…スーパーカーから痛車まで1000台が集結
  • 【夏休み】2000GT 試乗会も…昭和のモータースポーツ名車展 画像 【夏休み】2000GT 試乗会も…昭和のモータースポーツ名車展
  • いま、旧型がイイ! 画像 いま、旧型がイイ!
  • 欧州フォードの名車、カプリ…デビュー40周年 画像 欧州フォードの名車、カプリ…デビュー40周年
  • 名車メルセデス 300SL、レプリカで復活 画像 名車メルセデス 300SL、レプリカで復活

特集