ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地

自動車 ニューモデル 新型車
ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
  • ロールスロイス ゴースト 新型…世界最高水準の乗り心地
ロールスロイスは11日、秋に正式発表予定の新型『ゴースト』のサスペンション技術を公表した。最新テクノロジーがふんだんに投入され、世界最高レベルの快適性が追求される。

新型ゴーストの足回りは4輪マルチリンク。これに4輪独立制御のエアサスを組み合わせる。アクティブロールスタビリゼーションやバリアブルダンピングコントロールといった最新技術を盛り込み、最高の乗り心地と路面追従性を実現するという。

このエアサスにはハイテクを導入。車両の各部に設置したセンサーが、4輪にかかる荷重を2.5ミリセコンドごとにチェック。例えば、後席の乗員が右端から左端に移動すれば、それを計算してサスペンションの設定を変更する。さらに、25mmの車高調整機能を備え、乗降性を高めているのも見逃せない。

すでに発表されている通り、ボディサイズは全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mm。『ファントム』(全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)と比較すると、436mm短く、42mm狭く、105mm低い。ホイールベースは275mmコンパクトだ。

エンジンは、新開発6.6リットルV12ターボ。最大出力は507psと、ファントムの6.75リットルV12(460ps)を上回る、現行ロールス最強のスペックが与えられる。トランスミッションはZFと共同開発した8速ATで、燃費やCO2排出量低減に貢献。このATと新エンジンの相乗効果によって、ロールスロイス史上、最も燃費が良く、最もCO2排出量が少ないモデルに仕上げられるという。

新型ゴーストは、今年後半に英国グッドウッド工場で生産開始。塗装やウッド&レザーの工房はファントムと共用される。新型ゴーストは、早ければ9月のフランクフルトモーターショーで正式発表される見込みだ。

ロールスロイスのCEO、Tom Purves氏は「ゴーストは最新技術の粋を結集した、いまだかつてないロールスロイスになる」と自信を見せている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース