オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り

自動車 ニューモデル 新型車
オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
  • オペル インシグニア OPC…ニュルで鍛えたその走り
オペルは、『インシグニア』に高性能バージョンの「OPC」を投入した。動画共有サイトでは、その走行シーンを収めたPRビデオが公開されている。

OPCとはオペル・パフォーマンス・センターの略。市販のオペル車をベースに運動性能を磨き上げたモデルを10年前から開発しており、すでに『アストラ』『コルサ』『メリーバ』『ザフィーラ』にOPC仕様をラインナップしている。

足回りは、ドイツ・ニュルブルクリンクにおける1万kmに及ぶ走行テストで、徹底的に鍛え上げられた。フロントのストラットサスペンションは「ハイパーストラット」と名づけられ、トルクステアの低減、グリップの向上を狙ってチューニング。さらに「フレックスライド」サスペンションも導入され、ドライバーの好みに応じて、「スタンダード」「コンフォート」「スポーツ」の3モードが選択できる。

リアに電気式LSDを組み込んだ「アダプティブ4WD」も専用チューン。ブレーキはブレンボ製が奢られ、クロスドリルドタイプのローターは355mmと大径仕様とした。タイヤサイズは245/40ZR19で、オプションで255/35ZR20サイズも選択できる。

エンジンは、2.8リットルV6ターボ「エコテック」をベースに、吸排気系を徹底チューン。最大出力325ps、最大トルク44.4kgmと、ベースエンジンに対して、25%ものパワーアップを果たした。トランスミッションは6速MT。0-100km/h加速は6.0秒(セダン)/6.3秒(ワゴン)、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現する。

外観は専用前後バンパー、メッシュグリル、サイドスカート、マットクローム仕上げのデュアルエグゾーストなどが特徴だ。フロントバンパー左右には、迫力の大型メッシュインテークを装着。室内はレカロシート、フラットボトムステアリングホイール、専用シフトノブなどを採用し、スポーティな雰囲気を盛り上げている。

インシグニアOPCは、欧州では今秋から販売がスタート。なお、英国ではヴォクスホール『インシグニアVXR』として発売される。スポーツツアラーとセダン、それぞれのPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集