スバル富士重、国内生産が4割減…4月実績 レガシィ のモデルチェンジ準備

自動車 ビジネス 企業動向
スバル富士重、国内生産が4割減…4月実績 レガシィ のモデルチェンジ準備
  • スバル富士重、国内生産が4割減…4月実績 レガシィ のモデルチェンジ準備
富士重工業(スバル)が発表した4月の生産・国内販売・輸出実績によると、国内生産は同37.7%減の2万4997台だった。『レガシィ』のモデルチェンジ準備の影響や軽自動車の販売が低迷しているため。

国内販売はレガシィがモデルチェンジ直前で台数が減少、同30.1%減の9116台と、15か月連続でマイナスとなった。

世界生産台数は、前年同月比45.2%減の2万7033台となり、6か月連続でマイナスとなった。

輸出は同31.6%減の1万4823台と4カ月連続でマイナスとなった。レガシィがモデルチェンジを控え欧州向けや豪州向けの台数を抑制したため。

海外生産は新型レガシィの生産準備の影響で同77.9%減の2036台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スバル富士重、国内生産が42.3%減…3月実績 画像 スバル富士重、国内生産が42.3%減…3月実績
  • 【スバル レガシィ 新型発表】北米では月販目標 8000台 画像 【スバル レガシィ 新型発表】北米では月販目標 8000台
  • 【スバル レガシィ 新型発表】森社長「やっとジャストサイズに」 画像 【スバル レガシィ 新型発表】森社長「やっとジャストサイズに」
  • 東京電力、電気自動車310台を今夏導入「Switch!」 画像 東京電力、電気自動車310台を今夏導入「Switch!」

特集