ダイヤモンド電機、クライスラー向け債権取り立て不能のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機は、米国子会社がクライスラーに対する債権が取立不能または取立遅延になる可能性があると発表した。

クライスラーが連邦破産法第11章を申請したため、クライスラーに部品を納入していたダイヤモンド・エレクトリックMfgコーポレーションの債権が回収できない可能性がある。
 
クライスラーに対する債権額は売掛債権が313万ドル(約3億0600万円)。ダイヤモンド電機はクライスラーの連邦破産法11章申請をにらんで、米国政府が自動車部品メーカーの部品納入代金の支払いを保証する支援制度参加を申請している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • クライスラーが経営破たん、連邦破産法11条を申請へ 画像 クライスラーが経営破たん、連邦破産法11条を申請へ
  • タカタ、クライスラーへの売掛債権が回収不能の可能性…4億5000万円 画像 タカタ、クライスラーへの売掛債権が回収不能の可能性…4億5000万円
  • GMの経営再建計画見直し案…ポンティアック ブランド廃止へ 画像 GMの経営再建計画見直し案…ポンティアック ブランド廃止へ
  • GMに20億ドルの追加融資が決定 画像 GMに20億ドルの追加融資が決定

特集