減免税効果見えず---4月の新車総販売台数、23.0%減

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した4月の新車販売速報によると、総台数は前年同月比23.0%減の28万4035台となった。前年割れは昨年8月から9か月連続。

自動車 ビジネス 企業動向
減免税効果見えず---4月の新車総販売台数、23.0%減
  • 減免税効果見えず---4月の新車総販売台数、23.0%減
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した4月の新車販売速報によると、総台数は前年同月比23.0%減の28万4035台となった。前年割れは昨年8月から9か月連続。

3月に比べて落ち込み幅は縮小してきたが、4月から始まった環境対応車への減免税の効果はほとんど出ていない状況だ。このうち、登録車は28.6%減の16万6365台と、9か月連続のマイナスとなった。

登録車は落ち込み幅が3割を超えた2、3月よりは若干改善したものの、依然として冷え込んだ状態が続いている。軽自動車も13.4%減の11万7670台と2ケタ減で、6か月連続のマイナスだった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集