富士火災、元取締役の近藤氏が社長に就任

自動車 ビジネス 企業動向
富士火災海上保険は28日、同社の元取締役だった近藤章氏を社長兼CEOに迎え入れる人事を発表した。6月1日付けで就任する。

ビジャン・コスロシャヒ社長兼CEOは退任する。
 
同社では2月に策定した「富士事業強化プラン」を実行し、経営課題に対応するため、トップ交代で経営体制の刷新を図る。
 
近藤氏は住友銀行から大和証券SBキャピタル・マーケッツ副社長、ブックワンの監査役、ソニーの執行役員専務を経て、AIGイースト・アジア・ホールディングス・マネジメントの副会長を務める。2005年には富士火災の取締役に就任、2006年に退任した。64歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース