高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%

自動車 社会 行政

高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
  • 高速道路1000円…車でのレジャー、増えると思う47%
インターネット調査会社のマクロミルは、全国20 - 59才の自家用車保有者(1年以内に運転をしている人)を対象に、「自家用車での旅行・レジャーに関する調査」を実施した。

調査結果によると、この1年間、「月に1回以上」自家用車で旅行・レジャーに出かけた人は58%。旅行・レジャーの目的は「ショッピング」が66%で最多だった。

さらに調査では、3月に導入された高速料金の「新ETC割引制度」を知っているか尋ねたところ、「適用区間や条件まで、詳しく知っている」が15%、「大体の内容を知っている」が80%となっており、合計で9割以上の人が制度を認知している。

また、今後レジャーに出かける際に、「新ETC割引制度」を利用したいか尋ねたところ、「すでに利用している」25%、「今後利用したい」67%、「利用したいと思わない」7%という結果となった。

今後、車でのレジャーが増えると思う理由は、「高速道路新ETC割引制度ができたから」に「当てはまる(当てはまる+やや)」と回答した人が94%、「ガソリンが以前より安くなったから」は「当てはまる(当てはまる+やや)」と回答した人が81%となった。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年4月15 - 16日。有効回答数は500名。
《》

編集部おすすめのニュース

特集