フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定

自動車 ニューモデル 新型車

フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
  • フィスカー、ハイブリッドスポーツの販売店決定
米国のフィスカーオートモーティブ社は、『Karma』(カルマ)の全米販売ネットワークを発表した。17州32拠点のディーラーで、年内に販売がスタートする。

カルマは、1月のデトロイトモーターショーで初公開されたプラグインハイブリッドの4ドアスポーツカー。ハイブリッドシステムは「Qドライブ」と呼ばれ、2個のモーター(403ps)を搭載し、約80kmをモーターだけで走行できる。2次電池は蓄電容量22.6kwhのリチウムイオンバッテリーで、家庭用コンセントから充電可能だ。

カルマは充電専用のエンジンを搭載。バッテリー残量が少なくなると、GM製の「エコテック」直噴2.0リットル直4ターボ(260ps)が始動。ジェネレーターを回し、モーターに電源を供給するとともに、リチウムイオンバッテリーを充電する。ルーフに装備するソーラーパネルからも充電は行われる。燃費は42.5km/リットルだ。

外観はロングノーズや大胆に抑揚を利かせたボディラインが特徴。ボディサイズは全長4970×全幅1984×全高1310mmで、長くワイドながら背の低いプロポーションを持つ。アルミスペースフレームにアルミ複合素材を組み合わせたボディは軽量で、0-96km/h加速5.8秒、最高速度200km/hのパフォーマンスを実現している。

カルマは年内に米国で発売されるが、フィスカー社はカルマを取り扱う販売店を募集。全米17州32ディーラーが決定した。その内訳は、カリフォルニア州が7か所と最も多く、ニューヨーク州が3か所で続いている。フィスカー社は「6月末までに40ディーラーが目標。年間1万5000台のカルマを販売したい」と意気込む。

フィスカー社は販売担当役員にVic Doolan氏を抜擢。同氏は1990年代、BMWノースアメリカ在籍中に販売記録を達成。2000年にボルボカーズオブノースアメリカに移籍した後も、同社にセールス新記録をもたらした。同氏の手腕もカルマの販売に生かされることになる。

カルマの販売店は、共通CI(コーポレーテッド・アイデンティティ)を導入。高級スポーツカーのディーラーらしく洗練された雰囲気を持たせると同時に、環境に優しいイメージも追求される。具体的には、充電設備や太陽光発電を利用したカーポートなどが設けられる。

カルマの価格は8万7900ドル(約860万円)。すでに2010年生産分まで予約で埋まっているという。フィスカー社は「オバマ政権が打ち出した環境対応車開発に対する総額24億ドルの補助金政策も追い風になる」と、この不況下に確かなビジネスチャンスを見出している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集