アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
  • アウディ R15 TDI…デビュー戦のセブリングで勝利
ALMS(アメリカンルマンシリーズ)開幕戦、「セブリング12時間耐久」が21日、米国フロリダ州で開催され、アウディが今シーズンから投入した『R15TDI』が見事にデビュー戦を飾った。

R15TDIは、2008年のルマン24時間レース優勝マシン、『R10TDI』の後継車として開発。R10のV12よりも小型軽量で、燃費やCO2排出量を削減したV10ターボディーゼルを搭載。排気量は公表されていないが、最大出力は600ps以上、最大トルクは107kgm以上というスペックだ。マシンのデザインも一新されており、F1マシンのようなフロントノーズや新デザインのリアウイングなどを装備し、空力性能がアップ。LEDヘッドランプも採用された。

アウディはセブリング12時間に、「アウディスポーツチームヨースト」から2台のR15TDIを出走させた。そのうちの1台、ディンド・カペロ、トム・クリステンセン、アラン・マクニッシュ組が乗るカーナンバー2が、2位のプジョー『908HDI FAP』に22秒279の僅差で逃げ切り、開幕戦を制した。平均車速189.88km/h、総走行距離2280.6kmは、ともに大会新記録。周回数は383周となり、過去最高記録を13周上回る驚異的な速さを披露した。

また、もう1台のR15TDI、カーナンバー4も3位に入るという好成績。アウディは1999年からセブリング12時間に参戦しているが、11回のレースで9度勝利という圧倒的な強さを発揮している。

新マシンを投入しながら、早くも抜群の完成度を見せつけたアウディ。セブリング12時間は6月のルマン24時間レースの前哨戦の意味を持つだけに、アウディにとっては大きな自信となったようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集