【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載

自動車 ニューモデル 新型車

【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
  • 【メルセデスベンツ Gクラス 30周年記念モデル】5.5リットルエンジン搭載
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツの最上級クロスカントリービークル『Gクラス』の装備・仕様を改良した30周年記念モデルを3月23日から発売すると発表した。

Gクラスは1979年の発売以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままにしながら進化してきた。今回、発売30周年を記念したモデルを設定した。
 
記念モデルは、走行性能面では「G500ロング」のエンジンを5.5リットルV型8気筒エンジンに変更し、従来よりも最高出力を92psパワーアップするとともに、モデル名称を「G550ロング」に変更する。
 
また、G55AMGロングはエンジンマネジメントシステムの改良で、従来よりも7psの出力アップを図った。
 
エクステリアは、両モデルともにフロントグリルとアルミホイールのデザインを変更し、精悍さとたくましさを増している。
 
装備面では、センターコンソールにHDDナビゲーション、地上デジタル放送(12セグ)対応テレビ、音楽CDを録音できるミュージックレジスターなどを統合したCOMANDシステムを採用する。
 
価格はG550ロングが1327万円、G55AMGロングが1740万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集