BMW 1シリーズクーペ、F1オーストラリアGP前座レースに参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

BMWグループ・オーストラリアは26日から始まるF1オーストラリアGPの人気前座レース、「Ultimate Speed Comparison」(アルティメットスピードコンパリソン)に、『1シリーズクーペ』が出走すると発表した。

アルティメットスピードコンパリソンは、10年前からオーストラリアGPの前座レースとして開始。市販車とレース専用のV8スーパーカー、F1マシンの3台が、1周限りのレースで勝敗を決める。もちろん、同時にスタートしては勝負にならないので、ハンデが設けられ、市販車、V8スーパーカー、F1マシンが時間差をつけて発進する。

BMWは1シリーズクーペの最強グレード、「135i」でこのレースに参戦。新純正パーツブランド、「BMWパフォーマンス」のパーツをフル装着したモデルを製作した。

外観は『3シリーズ』のルーツとなったBMWの名車、1966年式『2002』をモチーフに、エアロパーツ、スポーツサスペンション、軽量ドリルドブレーキなどを装着。カーボンルックのボンネット&ドアミラー、専用ストライプが迫力を醸し出す。前後バンパーにはBMW伝統のスポーツバッジ、「tii」デカールが添えられた。

エンジンは135iクーペと共通。直噴3.0リットル直6ツインターボ(306ps、40.8kgm)は、0-100km/h加速5.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

この135iクーペは、モータージャーナリストのポール・ガバー氏がステアリングを握る。V8スーパーカーはグレッグ・マーフィ選手、F1はBMWザウバーF1チームのサードドライバー、クリスチャン・クレイン選手がドライブすることになっている。

アルティメットスピードコンパリソンは、26日から29日までのGPウイークに計5レースを開催。果たして、強敵を向こうに回し、135iクーペの勝利はあるか!?
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集