【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供

自動車 ニューモデル モーターショー

【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
  • 【ニューヨークモーターショー09】キャデラック CTS…無線LANサービス提供
GMは19日、キャデラック『CTS』の米国仕様に「WiFi」(ワイファイ)サービスを導入すると発表した。移動中でもインターネットにアクセスできる無線LANシステムだ。

WiFiとはワイヤレスフィデリティの略で、無線LANの統一規格を意味する。キャデラックCTSのWiFiは、米国初の車用インターネットサービスプロバイダー、オートネットモービル社が提供。車内や車の周辺にホットスポットを作り出し、インターネットにワイヤレス接続できる。

また、3Gモービルテクノロジーの採用により、移動中でも安定したインターネット接続を実現。通信速度は800Kbpsを確保している。さらに、複数の人が同時にネットにアクセスすることも可能。例えば、ひとりがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でブログを更新している間、もうひとりがオンラインゲームや動画を楽しむというような使い方ができる。

GMのキャデラックブランド上級執行役員、Mark McNabb氏は「顧客は場所を問わず、インターネットに接続できる環境を求めている。今回のWiFi導入は、USBポートを備えた40GBのハードディスクドライブはじめ、天気予報機能付きナビゲーションシステムなど、キャデラックが導入してきたサービスの延長線上にある」と語っている。

キャデラックCTSのWiFiサービスは、4月8日に開幕するニューヨークモーターショーで正式発表。サービスを利用するには、システムのインストールに499ドル(約4万9000円)、月々29ドル(約2850円)がかかる。同様の車載無線LANサービスはBMWが2008年から、ドイツ国内で実施しており、今後他メーカーが追随する可能性は高い。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集