出光、ガソリン卸価格は据え置き

エコカー 燃費

出光興産は、3月21 - 27日の石油製品の卸価格の改定幅を発表した。ガソリンは全国平均、地区別マーケット別ともに3月14 - 20日の平均値を据え置きとする。

ガソリンの卸価格は、減産による需給が引き締まったことから、引き上げを続けてきたが、レギュラーガソリンの店頭小売り価格の全国平均が110円を突破するなど、再び上がっていることで需要がさらに落ち込んでいることから、卸価格は据え置く。

軽油は全国平均では据え置きだが、地区別マーケットでは1円の引き下げから据え置きとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集