全自動型オートバイ無人駐車装置、実用化目指す

エコカー 燃費

狭小なスペースに、を付けずに手軽に設置。管理者をわずらわせない全自動型のオートバイ無人駐車装置をサイクルテクノ(港区新橋1・小松一雄社長)が開発した。

この駐車装置は、同社が東京都産業労働局の「07年度社会的課題解決型研究開発プロジェクト」として支援を受け、製品化したもの。開発に1500万円を投入。同局から3分の2の助成を受けた。

駐車装置にオートバイの前輪を乗り入れると、左右からタイヤを押さえて、車体を直立させたまま固定し、課金を始める。駐車料金を支払い、車体のすぐそばに設置された解除ボタンを押すと、車体のロックが外れる仕組み。

車体の固定と課金が自動的に行われるため、管理者にとっては駐車場を巡回する手間が少なくて済む。精算機を別に置かなくても使える。1台ごとに独立しているため、出入口にゲートを付けられない台数の少ない場所にも設置しやすいという長所がある。

「原付バイクからリッターバイクまで、ほとんどすべての車種に対応できるように考えた。利用者の方に意見をいただいたので、さらに改良を重ねて商品化したい」(小松一雄社長)

同社は、東京都青少年・治安対策本部が実施する駐車対策のモデル実験に参加。東京都道路整備保全公社が運営する「六本木六丁目オートバイ専用駐車場」(港区六本木6-2)に2月27日から3月8日まで製品を設置。デモ実験を行った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集