【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦
  • 【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦
  • 【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦
  • 【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦
  • 【スーパー耐久】京商ラジコンが走る?…参戦
京商は、スーパー耐久で活躍している「岡部自動車モータースポーツチーム」および広告代理店「パームドライブ」とのコラボレーションにより、京商デザインのカラーリングを施したマシンでレース参戦する。

コラボレーションでは、京商が今期の「岡部自動車モータースポーツ」チームのマシンカラーリングデザインを担当。岡部自動車モータースポーツチームのベース車両はマツダ『RX-7』の「FD-3S」。

参戦マシンのデザインは、ラジオコントロールカーの「MINI-Z RACER」が実車レースに走行しているという設定で、MINI-Z RACERを構成するシャシーをレース実車比まで拡大して描く。また、細部パーツの注意書きを施すことにより、実車とホビーモデルのビジュアルリンクを目指した。

コラボレーションマシンはMINI-Z RACERおよび43分の1スケール・ダイキャストミニカーとして12月に発売予定。

今期スーパー耐久第1戦は、3月28 - 29日に、茨城県の「ツインリンクもてぎ」にて開催され、その場で京商・岡部自動車・パームドライブ3社による本プロジェクト発表会がおこなわれる。

京商では、昨年より「KYOSHO MOTOR SPORTS」と銘打ち、ラジオコントロールカーとリアルモーターレースシーンとの親和性を打ち出している。また、2009年は同社の手のひらサイズのサイズの電動ラジオコントロールカー「MINI-Z RACER」シリーズ誕生10周年となり、 “MINI-Z RACERセカンドステージ”に踏み出すべくさまざまな企画を進行していくとしている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集