電動アシストが人気急上昇…自転車アンケート

自動車 ビジネス 企業動向

アリババは、昨年12月13日-15日までの3日間、20 - 50代の男女に対して「自転車」に関するインターネット調査を実施し、計300人の回答を集計した。

今回は自転車の所有率や、購入先、次回の購入希望タイプなどについて調査し、消費者の自転車に対する意識について調べた。
 
調査の結果、自転車の保有率は81.3%を占めた。自転車の利用方法では、男女ともに買い物が最も多く、次いで通勤・通学、運動の順。ただ、環境への配慮として自転車を意識的に利用したり、日ごろの運動不足を解消するため、自転車を活用する傾向が増えている。
 
また、次の自転車購入意欲を聞いたところ、男性は普通タイプが41.3%で最も多く、スポーツタイプが29.3%、電動アシストタイプが17.3%だった。女性では普通タイプが64%、スポーツタイプが10%、電動アシストタイプが15.3%だった。
 
電動アシストタイプは保有比率は男女ともに4%前後だが、購入意欲は15 - 17%あり、電動アシストタイプの需要が高まることが予想されるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集