ワールドカーオブザイヤー09…最終ノミネート車が決定

自動車 ビジネス 企業動向

ワールドカーオブザイヤー主催団体は9日、「ワールドカーオブザイヤー2009」をはじめ、各カテゴリーの最終選考に残った3台を発表した。

ワールドカーオブザイヤー2009は、昨年デビューした新型車の中から最高の1台を選出するもの。条件は2008年末まで生産と販売を継続しており、世界2か国以上で販売されていることだ。世界25か国、59名のジャーナリストの投票によって決定される。

4月9日のニューヨークモーターショーで栄えあるイヤーカーを発表。ちなみに2008年は『マツダ2』(日本名:『デミオ』)、2007年はレクサス『LS』、2006年はBMW『3シリーズ』が受賞している。

各カテゴリーのファイナリスト3台は以下の通り。

ワールドカーオブザイヤー
●フォード『フィエスタ』
●トヨタ『iQ』
●フォルクスワーゲン『ゴルフ』

ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー
●シボレー『コルベットZR1』 
●日産『GT-R』
●ポルシェ『911カレラ』 

ワールドグリーンカーオブザイヤー
●ホンダ『FCXクラリティ』
●三菱『iMiEV』
●トヨタ『iQ』

ワールドカーデザインオブザイヤー
●シトロエン『C5/C5ツアラー』
●フィアット『500』
●ジャガー『XF』
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集