ルノージャポン、長野県に販売店を2拠点新設

自動車 ビジネス 国内マーケット

ルノー・ジャポンは、タカサワと販売代理店契約を締結し、3月1日に長野県長野市にルノー正規販売店「ルノー信州・長野」を、4月1日には長野県松本市に「ルノー信州・松本」をオープンする。同店のオープンにより、4月1日時点でのルノー正規販売店は、全国で70店舗となる。

長野の新店舗は、長野県長野市を主な販売エリアとし、長野駅に通じる県道34号線に隣接したエリアに開設した。屋内・屋外に計9台の展示スペースを持つほかサービス工場を備える。

松本の新店舗は、長野県松本市を主な販売エリアとし、交通量の多い国道19号線沿いに開設する。長野自動車道松本、塩尻北各インターチェンジからのアクセスも良く、隣接する安曇野市、塩尻市からの来客も見込まれる。
 
2店を運営するタカサワは、長野県で長年にわたって新車・中古車販売、サービスステーションの経営、フードサービス事業などを手がけてきた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集