【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
  • 【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
  • 【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
  • 【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
  • 【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
  • 【ARTAモータースポーツ発表会】正直、考えました…
鈴木亜久里が率いるAUTOBACS RACING TEAM AGURI=ARTAの2009年体制発表会が、27日に都内で開催された。世界的経済不況の影響により、今年は国内各自動車メーカーのモータースポーツ発表会が自粛傾向にあるなか、ARTAは例年通り、発表会を挙行した。

公の場で鈴木亜久里がマイクを持ってステージに立つのは、昨年5月のスーパーアグリF1チームの撤退会見以来ではなかろうか? 都内でも雪が降ったこの日、鈴木亜久里ARTA Projectプロデューサーは、「僕の日頃の行ないが悪いせいかもしれない」と、得意の亜久里流ジョークで切り出したが、思わずこんなホンネも。

「正直、今年は発表会をやるべきかどうか、考えました……。派手そうに見えるかもしれませんけど、コストを抑えつつ、いい発表会ができてよかったと思います」

発表会ができたからといって、決してラクではないのだ。実際、ARTAも今季の活動内容については縮小を迫られた。発表会以前から判明していたことだが、今季はフォーミュラ・ニッポンへの参戦を取りやめる。

「今年は(国内トップカテゴリー参戦は)、SUPER GT一本に絞りました」

これとて、昨年のF1撤退と同じく苦汁の判断であったことだろう。

SUPER GTに関しては今季もGT500とGT300の両クラスに参戦。2007年に悲願の初タイトルを獲得したGT500には、今季も「ARTA NSX」を走らせる。ドライバーは昨年同様、07年王者のラルフ・ファーマンと若手気鋭の伊沢拓也。GT300にはオートバックスのオリジナル車両である『ガライヤ』をベースにした「ARTA Garaiya」で参戦。昨年は最終戦で惜しくもタイトルを逃がしているだけに、今季こそ王座を狙う。ドライバーはお馴染みの新田守男&高木真一。

「昨年のGT500では、ゼッケン1(前年王者)のマシンに新人の伊沢を乗せました。けっこう、暴れてくれたと思います。今年は成果の出る年になると期待しています。GT300はよくがんばりましたけど、1ポイントに泣きました。その悔しさをバネに、今年は絶対にタイトルを獲得してくれるでしょう」と亜久里プロデューサー。

チームとしてのトップカテゴリーでの活動や契約ドライバー支援にとどまらず、カートでの才能発掘など、多角的にモータースポーツを支え、盛り上げようとし続けてきたこのプロジェクトも、1997年末の発足から実質12年目のシーズンインを迎える。

苦しい時代でもモータースポーツへの情熱を失わないARTA。自動車メーカーが活動縮小に向かう御時世だからこそ、オートバックスのような情熱あるスポンサーの存在と、鈴木亜久里のような名実ともにビッグネームと呼べる人物のリーダーシップが重要となる。今季もARTAに期待しよう。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集