【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
  • 【ジュネーブモーターショー09】BMWアルピナ、20年ぶりのレース仕様車
ドイツのアルピナ社は5日、『B6GT3』を発表した。FIA・GT3選手権に参戦するために開発されたレース専用車で、BMW『6シリーズ』がベースになっている。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての承認も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用されるのだ。

アルピナの歴史はモータースポーツと密接な関係がある。1968年には欧州ツーリングカー選手権に参戦。ジャッキー・イクスやニキ・ラウダなどの名ドライバーをそろえ、1970年には同選手権のタイトルを獲得する。その後もDTM(ドイツツーリングカー選手権)をはじめ、多くのレースで栄冠を手にするが、1988年、市販車の生産に専念するために、モータースポーツから撤退した。

約20年ぶりのレース復帰となるアルピナは、欧州のFIA・GT3選手権にターゲットを絞り、マシンを開発。ベース車はBMW『6シリーズ』で、大型リアウイングなど迫力のエアロパーツが装着された。エンジンはBMW製4.4リットルV8にスーパーチャージャーを追加したもので、最大出力530ps、最大トルク73.9kgmを発生する。

トランスミッションは6速シーケンシャル。内装材や快適装備は取り払われ、車重は1350kgに抑えられた。この結果、B6GT3は0-100km/h加速3.9秒、最高速度285km/hのパフォーマンスを獲得。タイヤはミシュラン製の18インチで、アルミホイールはアルピナの伝統、20本スポークが装着される。

B6GT3は3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで披露された後、レース関係者に販売開始。欧州GT3選手権では、フェラーリやポルシェ、アストンマーチンの強力なライバルとなりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集