日本LCA、持株会社へ移行…社名を「アルコユニオン」に

自動車 ビジネス 企業動向
日本LCAは、持株会社へ移行すると発表した。持株会社への移行後、5月21日付けで社名を「アルコユニオン」に変更、上場は維持する。

持株会社へ移行するため、マネジメントコンサルティング事業、ファブリカ事業、経営管理本部の一部を分社化する。今後は、持株会社の傘下にコンサルティング事業グループ、自動車関連事業グループ、海外戦略事業グループの3つの事業グループを置き、持株会社が各事業グループの経営管理・監督機能を担っていく予定。

持株会社への移行により、同社グループの経営資源を最適配分するとともに、各事業単位の採算性や責任体制を明確化し、成長事業分野へ集中投資するなど、企業グループを再編する。また、持株会社が、グループ各社の経営戦略の立案とその推進に関して経営監督機能を持ち、各事業会社による業務執行体制を採用することで、各社が機動的に事業運営を行える体制を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 富士通、ユーディナデバイスの持株を住友電工に売却 画像 富士通、ユーディナデバイスの持株を住友電工に売却
  • ATグループ、本社地区を再開発、将来的にカーモールを設置 画像 ATグループ、本社地区を再開発、将来的にカーモールを設置
  • 古河電工、北米持株会社を解散 画像 古河電工、北米持株会社を解散
  • いすゞ、北米事業を再編---統括会社を設立、金融子会社は解散 画像 いすゞ、北米事業を再編---統括会社を設立、金融子会社は解散
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース