世界最速男、今度はBMW最速の1台を堪能

自動車 ビジネス 企業動向

北京オリンピック陸上男子で、リレーを含めて3個の金メダルを獲得したジャマイカのウサイン・ボルト選手。そのボルト選手が26日、BMWドイツ本社を表敬訪問した。

BMWのテストコースでは約3時間に渡って、「BMWドライバートレーニング」を受講。『M3クーペ』の運転席に座りコースインし、インストラクターの指導を受けながら、最大出力414ps、0-100km/h加速4.6秒のパフォーマンスを楽しんだ。

試乗はあいにくの雨の中で行われたが、果敢にドリフト走行に挑戦。M3クーペから降り立ったボルト選手は、「超感動しました!!」と興奮を抑えきれない口調で語り、BMWから受講修了証を受け取った。

その後、ミュンヘンのBMW本社を訪れたボルト選手、黒い『M3クーペ』を見つけると得意のダッシュで駆け寄り、頬をすり寄せんばかりのパフォーマンス。確か数日前のモナコでは、フェラーリ『F430スパイダー』のキーを受け取って舞い上がっていたようだが……。

実はボルト選手、北京オリンピックでの活躍のご褒美として、メインスポンサーのPUMA(BMWのF1チームのスポンサーでもある)からM3クーペをプレゼントされることになっているのだ。ボルト選手はM3オーナーになるのが夢だったというから、前述のパフォーマンスも納得。黒いM3はクリスマス前には彼の元に届けられるという。

フェラーリは本命を隠すための浮気だったってことか!?
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集