ダイヤモンド電機、通期業績見通しを下方修正 自動車メーカー減産などで

自動車 ビジネス 企業動向

ダイヤモンド電機は、自動車メーカーの減産を受けて2009年3月期連結決算業績見通しを下方修正した。

売上高は356億0900万円を予想していたが343億2900万円に下方修正した。自動車メーカーの減産で受注が減る見通しとなったため。

収益でも売上げの減少や為替変動で想定レートを見直した結果、営業利益が8億円から3億8100万円に、経常利益は6億1800万円から2億7100万円に下方修正した。

当期純利益は3億6200万円を予想していたが2億2100万円になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集