新日石、八戸LNG基地向けのLNG専用船を就航へ

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は、同社内航LNG(液化天然ガス)専用船としては初となる「鶴令丸」(かくれいまる。所有・運航=鶴見サンマリン)の竣工式を、愛媛県今治市にある檜垣造船の波方工場で行った。

この内航船は、檜垣造船、川崎造船が2007年6月から、約1年半をかけて建造したもので、新日本石油八戸LNG基地(青森県)と東京ガスの袖ヶ浦工場(千葉県)間に就航する。八戸LNG基地は2007年3月から営業を開始しており、初受入は12月1日となる予定だ。
 
新日本石油は、LNGの需要増加が見込まれている青森、岩手、秋田で、内航船就航による磐石な供給体制を確立し、総合エネルギー企業として地域振興に貢献するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集