富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発

自動車 ニューモデル 新型車

富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
  • 富士通研究所、車両全周囲をリアルタイムで表示する映像処理技術を開発
富士通研究所は、世界で初めて、ドライバー視界補助向けに車両全周囲を見やすくリアルタイムで表示する映像処理技術を開発したと発表した。

ドライバーは運転シーンに応じ、車両全周囲を「見たい所を見やすい視点・視界」で表示した映像により確認することが可能となる。この技術により、駐車時、狭い道でのすれ違い、見通しの悪い交差点への進入や右左折など、さまざまなシーンでドライバーの安全運転を支援することが可能となる。
 
今回の技術内容は、米国ニューヨークで16日から開催されている「ITS世界会議ニューヨーク2008」で発表する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集