スズキ、終値取引で自己株式1640万株を取得へ

自動車 ビジネス 企業動向

スズキは、18日に東京証券取引所でのToSTNeT-2(終値取引)による自己株式の取得を決定したと発表した。

今回、自己株式を取得するのはスズキが業務提携しているGM(ゼネラルモーターズ)が資金調達のため、保有するスズキ株式3%分の売却を決めたため。
 
17日の同社株式の終値1363円でToSTNeT-2で買付を委託する。上限1641万3000株で、発行済株式総数の3.02%。取得結果は18日に公表する。
 
スズキは10月31日時点で、発行済株式総数の約20%、9154万2412株の自己株式を保有している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集