ATグループ、本社地区を再開発、将来的にカーモールを設置

自動車 ビジネス 企業動向

愛知トヨタなどの持株会社ATグループは、本社地区の再開発計画の概要を決定したと発表した。

ATグループの本社ビル(本館)は、竣工から半世紀以上が経過し、老朽化しているのに加え、増改築を繰り返していることもあり、顧客が利用する商業施設として、耐震面でも十分信頼できるレベルにないと判断、「安全確保」という観点から、本社ビル(本館)の全面建て替えをはじめとする再開発計画についての概要を決定した。
 
将来的には本館だけでなく、現在愛知トヨタのサービス工場と本部スタッフの入居する南側建物(別館)についても、時期を見ながら第㈼期工事として全面建て替えを行い、グループ内トヨタ系ディーラーを集結して「カーモール」とする計画だ。
 
再開発エリアは同社本社などで約1万平方m。本館建て替え、愛知トヨタの高辻営業所兼本社として2009年春に着工して2010年秋に竣工する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集