三井造船、ビームダウン式集光太陽熱実証プラントを受注

エコカー 燃費

三井造船は、コスモ石油、アラブ首長国連邦アブダビ政府系機関のMASDAR(アブダビ・フューチャー・エナジー・カンパニー)からビームダウン式集光太陽熱実証プラントを受注した。

この実証事業は、コスモ石油とMASDARが共同で東京工業大学と締結したビームダウン式集光太陽熱発電技術開発のための共同研究契約を受けたもの。

今年から、100kW(熱エネルギー)の集光太陽熱実証プラントをアブダビ国際空港に隣接したMASDAR CITYと呼ばれる特別自由貿易地区に建設し、プラント運転を通じて、データ収集・商業化への課題抽出などを実施して、今後の商業化プラント建設に備える。

ビームダウン式集光太陽熱発電は、広大な用地に敷き詰めた反射鏡を用いて、敷地全体に降り注ぐ太陽光を敷地中央のタワー上部に搭載した中央反射鏡に集光、地面に設置した太陽炉に再反射させて高温の液体を作って発電するもの。東京工業大学炭素循環エネルギー研究センター玉浦裕教授が研究を進めている。

現在、中東産油国を含む世界のサンベルト地帯で集光太陽熱発電事業は注目されており、今回の実証実験で、すでに商業化が開始されている太陽熱発電以上の低コストを目指す。

今回の実証装置受注には、三井造船が提供してきた都市の過密化、高層化に伴なう日照問題を解決する太陽光採光装置の実績などが評価されたとしている。

三井造船では、国内最大規模の建築廃材からの木チップを主燃料としたバイオマス発電施設、稲わらや多収穫イネを原料としたバイオエタノール製造実証事業などに取り組んでおり、今後、化石燃料に代わる多種多様な新エネルギー事業を強化する方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集