富士通テン、AVN Liteの出荷台数が月販目標の2倍と好調

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

富士通テンは、10月上旬に発売した『AVN Lite』(型名=AVN118M)の11月6日までの約1か月間の出荷台数が月販目標台数の2倍となる1万台を超え、好調な立ち上がりとなったと発表した。

AVN Liteは、カーAV&ナビゲーションシステム『ECLIPSE(イクリプス)』の新しいカテゴリーとして発売した。AVNをより幅広い層に使用してもらうため、「安心」「カンタン」「楽しさ」をキーワードに、カーナビの基本機能である経路探索や音声案内、AV機能としてCDやワンセグなど必要十分な機能を盛り込みながらも、価格を抑えた。

月販目標は5000台だが、これを大幅に上回る出荷台数となった。操作が簡単なことや必要十分な機能、価格などが好評としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集