【アウディ A4 試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢

試乗記 国産車

【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
  • 【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
  • 【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
  • 【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
  • 【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
  • 【アウディ A4  試乗】とにかくカッチリした印象…ピストン西沢
一言でいえば、隙がないクルマ…。外装はデザイン、仕上がりとも上質。インテリアは味わいを持ちつつも、適度に事務的。走りのフィーリングはかなり硬めの足回りを持つ。シートの座面も硬めで、シフトやハンドルなどの機械的操作フィーリングと合わせて、とにかくカッチリした印象に仕上がっている。

その硬めな所が運転手には楽しいA4なのだが、自分の父と母(自分のクルマ乗り心地人間評価軸)を乗せて試乗+親孝行でドライブした後、両親はいつもより疲れたと言っていたのが言葉で表現する以上の本質か?

細かい部分では、運転好きのためのクルマなのに、1.8リットルの「TFSI」とCVTとの組み合わせは、レスポンスが悪く、スロットルの動きに無反応な時アリ。シフトアップ時のエンジン回転も低く、過給が付いてこないので、かなりもどかしい。その点、3.2リットルのV型6気筒「FSI」+ATはスポーティなシャシー性能とマッチしたパワーと反応が楽しい! クワトロの制御も極めて自然。

ピストン西沢│DJ
大学時代からクラブDJとして活動。現在はJ-WAVEのDJ、数多くのCD製作、ファンクバンド「ダンス☆マン&ザ・バンド☆マン」のリーダーとして音楽業界に関わっている。自動車が大好きで、アマチュアレーサーとして数多くのワンメイクレース、スーパー耐久に参戦している。愛車は10年来、1972年型フェラーリ『ディーノ246GT』。
《ピストン西沢》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集