バンドー化学、高負荷・高効率のベルト開発 伝動能力30%アップ

自動車 ニューモデル 新型車

バンドー化学、高負荷・高効率のベルト開発 伝動能力30%アップ
  • バンドー化学、高負荷・高効率のベルト開発 伝動能力30%アップ
  • バンドー化学、高負荷・高効率のベルト開発 伝動能力30%アップ
バンドー化学は、従来品に比べて、ベルト幅当たりの伝動能力を約30%アップした高負荷・高効率の自動車向け補機駆動用ベルトを開発し、販売を開始したと発表した。

自動車エンジンは、車両のラグジュアリー化などに伴ってエアコン、オルタネーターなどの補機の負荷が増大する傾向にある一方で、燃費改善を目的とした動力系の効率向上、車両の小型化・軽量化や衝突安全性確保のためのコンパクト化のニーズが急速に高まっている。これらのニーズに応えるため、同社はベルト幅(ベルトリブ数)を低減できる高負荷・高効率の自動車向け補機駆動用ベルトの開発に取り組んできた。
 
新たに開発した高強度ゴムと高強度心線を採用することで、ベルト幅当たり(1リブ当たり)の伝動能力を約30%アップさせることで、従来のベルト幅(ベルトリブ数)と同等の寿命(耐摩耗性や耐セパレーション性など)を持ち、従来品に比べ約3分の2の幅狭化を実現した。
 
燃費改善を目的とした自動車用エンジンの軽量化やコンパクト化につながる自動車向け補機駆動用ベルトとして拡販を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集