【シトロエン C5 試乗】大型船のような乗り心地…金子浩久

試乗記 国産車

ハイドロニューマチック・サスペンションを採用したシトロエンの走りっぷりには独特のものがある。まるで大型船に乗っているかのようにフラットな乗り心地は、他のどんな高級車にも似ていない。

コーナリグや加減速での姿勢変化が、きわめて少ない。長距離を走れば走るほど、疲労の少なさを自覚するはずだ。『C5』に搭載されている「ハイドラクティブ3プラス」という最新版は、オートモードで加速していくと、ハンドリングと乗り心地の切り替わり方が自然で、実にスムーズなことに感心させられた。

ハンドルが良く切れ、駐車しやすく、トランクが大きい。トランクは、ただ大きいだけでなく、完全な直方体だから、とても使いやすい。お洒落なんだけど、実質も大切にするフランス人が作ったクルマらしい。

エクステリアとインテリアが『C6』に較べてやや常識的なところがシトロエン・ファンには物足りないが、夢のような乗り心地と実用性の高さには磨きが掛けられ、魅力を増している。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

金子浩久|モータリングライター
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。
《金子浩久》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集