スバル、ステラシリーズを一部改良…スーパーチャージャー搭載LS追加

自動車 ニューモデル 新型車

スバル、ステラシリーズを一部改良…スーパーチャージャー搭載LS追加
  • スバル、ステラシリーズを一部改良…スーパーチャージャー搭載LS追加
富士重工業は、スバル『ステラ』シリーズに改良を施し、11月4日から発売開始した。
 
今回の一部改良では、広い室内空間と扱いやすさ、スバル ステラシリーズ(ステラ/ステラ・カスタム/ステラ・リベスタ)のグレード展開の変更や、仕様装備の充実、新外装色の展開などを図った。
 
今回、2WD i-CVT車の自然吸気エンジンについては、2015年度燃費基準達成により環境性能を強化した。
 
グレードについては、ステラに、DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載し、シンプルな装備と力強い走行性能を持つモデル「LS」を新たに設定した。さらに、従来特別仕様車として設定していたカスタム「R Limited」、「リベスタ S」をラインナップとして設定した。
 
新ボディ色として「ラピスブルー・パール」、「スターリングシルバー・メタリック」、「モカブロンズ・
パールメタリック」計3色を展開する。
 
仕様装備では、自立式のリヤシートベルトバックルを全車標準装備し、装着性の向上を図ったほか、青色のLED間接照明やマップランプ、ルームランプ、小物入れを一体化したオーバーヘッドコンソールの採用、スポーティなデザインのルーフスポイラー(カスタム「R Limited」、カスタム「RS」、「リベスタS」)や、本革シート(「リベスタ」、「リベスタS」にメーカー装着オプション) などを設定し、商品力の強化を図った。
 
価格はLSの2WDが114万9750円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集