出光、ガソリン卸価格を4.2円引き下げへ

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、11月3日から9日までのガソリンの卸価格を前の週の平均値と比べて全国平均で1リットル当たり4.2円引き下げると発表した。

原油価格の下落や為替が円高で推移、原油調達コストが低下しているためで、ガソリンの卸価格は地域によって2 - 6円、全国平均で4.2円引き下げる。このため、レギュラーガソリン小売価格の平均は140円台に突入する見通しだ。

軽油の卸価格は、前の週の平均価格と比べ、地域によって据え置き - 3円、全国平均で1.2円引き下げる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集