日本の自動車産業の活路はどこに?

モータースポーツ/エンタメ 出版物
日本の自動車産業の活路はどこに?
  • 日本の自動車産業の活路はどこに?
『PLAYBOY』 2008年12月号(日本版・終刊前号)
価格:1000円 発行:集英社

アメリカの金融危機は世界に波紋を及ぼし、世界最大の自動車市場であるアメリカでの新車販売台数は激減。日本の自動車企業にとっても大きな打撃となった。

しかしこの時代にあって自動車販売台数を大幅に伸ばしている国家郡がある。いわゆるBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)である。

自動車市場の未来世紀と題して、自動車市場において世界第二位となった中国、新車販売台数こそ少ないものの驚異的な伸び率をしめすロシアの市場にスポットを当て、両市場をそれぞれ牽引するホンダと三菱自動車のキーマンの声を聞く。

はたして、これらの市場が自動車産業の活路となるのだろうか…?

●男が外国に見る夢「メルツェデスベンツSL350」徳大寺有恒●永遠のプレイメイト33年●プレイボーイインタビュー傑作選(前編)●PLAYBOYの33年 ほか
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース