【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む

自動車 ニューモデル 新型車
【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
  • 【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
  • 【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
  • 【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
  • 【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
  • 【三菱 トッポ 新型発表】ローデストで幅広く、他社からも取り込む
三菱自動車工業が17日に発表した新型『トッポ』。同社は、主に30代から40代の女性をターゲットとする標準モデル『トッポ』に対し、エアロ仕様車「トッポローデスト」で性別・世代を問わず幅広い層の購入を期待している。

国内営業企画本部・商品計画部の上原淳氏は「ダイハツ『タントカスタム』『ムーヴカスタム』のような、いわゆるカスタム系を用意した。トッポの標準車も先代よりぐっと“カスタムチック”になったが、このローデストでカスタム系を好む顧客層をとっていきたい。若い男性ユーザーも含めて、幅広い層に向けて投入する車種だ」と語った。

同社の軽自動車ラインナップにカスタム系を導入するのは初。『トッポBJ R』『eKスポーツ』などスポーツ系はもともと存在するが、商品戦略本部商品企画部の葛西宏樹氏は、より他社ライバル勢を意識したラインナップにしたと話す。

「ローデストは、トッポBJ RやeKスポーツよりもさらにアクの強い、個性のある車種。他社のカスタム系の成功を見てトッポからカスタム系を投入することを決めた。ローデストに関しては幅広い層、特に20代から30代の『物足りない』というカスタム志向のユーザーを狙っている。男性女性問わない感じで」

トッポは標準車で同社保有ユーザーを確保し、ローデストで他社ユーザーを取り込むねらいがあるようだ。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 【スズキ ワゴンR 新型発表】180cm+・90kg+の記者が前席に 画像 【スズキ ワゴンR 新型発表】180cm+・90kg+の記者が前席に
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】1か月の初期受注、目標の2.5倍 画像 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】1か月の初期受注、目標の2.5倍
  • 三菱自動車、世界生産は17.1%減…8月実績 画像 三菱自動車、世界生産は17.1%減…8月実績

特集