ダイヤモンド電機、中間期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機は、2008年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。経常利益が、為替差益の発生で前回予想を上回る見通しとなり、1億円から2億6300万円に上方修正した。

中間期純利益も5700万円を予想していたが1億6600万円となる見通しだ。

売上高は、171億4400万円を予想していたが174億4100万円とほぼ前回予想通り、営業利益も、1億9000万円から2億0300万円とほぼ前回予想と同じ。

通期業績見通しは、国内外の景気など先行き不透明なため、前回見通しを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ紡織、業績見通しを下方修正 トヨタ自動車向け販売が予想を下回る 画像 トヨタ紡織、業績見通しを下方修正 トヨタ自動車向け販売が予想を下回る
  • デンソー、中間期業績見通しを下方修正 投資有価証券の売却損 画像 デンソー、中間期業績見通しを下方修正 投資有価証券の売却損
  • 曙ブレーキ、通期業績見通しの収益を下方修正 北米大型車部品の受注減少 画像 曙ブレーキ、通期業績見通しの収益を下方修正 北米大型車部品の受注減少
  • 北越メタル、中間期業績見通しを上方修正 鉄スクラップ価格急落で 画像 北越メタル、中間期業績見通しを上方修正 鉄スクラップ価格急落で

特集