スズキ、相良工場は10月から月1万台に…鈴木修会長

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ、相良工場は10月から月1万台に…鈴木修会長
  • スズキ、相良工場は10月から月1万台に…鈴木修会長
スズキの鈴木修会長は25日の新型『ワゴンR』発表会見で、7月から小型車専用の新工場として稼動開始した相良工場(静岡県牧之原市)の生産について、10月から月間1万台とする計画を明らかにした。

相良工場は『SX-4』のハッチバックとセダンタイプの生産でスタートしている。

鈴木会長は「来年3月までの下期中は助走期間」とし、当面は1万台のペースを続ける方針。

同工場は年24万台ないし26万台の設備能力としており、現行の1直から2直操業にすることでフル生産となる。相良新工場は輸出車の増産を念頭に建設した。海外市場動向を見ながら、来年度にはフル操業に移行する見通し。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • スズキの相良第2工場、前倒しで生産開始 画像 スズキの相良第2工場、前倒しで生産開始
  • スズキの相良工場、エンジン1000万基を生産 画像 スズキの相良工場、エンジン1000万基を生産
  • 【ニューヨークモーターショー08】スズキ コンセプトキザシ3、日本発売へ 画像 【ニューヨークモーターショー08】スズキ コンセプトキザシ3、日本発売へ

特集