ロームとホンダ、次世代電気自動車向けハイパワーインバーターモジュールを開発

自動車 ニューモデル 新型車
ロームとホンダ、次世代電気自動車向けハイパワーインバーターモジュールを開発
  • ロームとホンダ、次世代電気自動車向けハイパワーインバーターモジュールを開発
ロームは、本田技術研究所(ホンダの研究開発部門子会社)と共同で、SiC-SBD、SiC-MOSFETを搭載した1200V・230Aクラスの次世代の電気動力車向けハイパワーインバータモジュールを開発したと発表した。

今回のモジュールは、ロームのSiCデバイス技術と本田技術研究所のハイパワーモジュール技術を融合させることで実現した。フルSiCデバイスによるハイパワーインバータモジュールとしては世界初のもの。開発したハイパワーインバータモジュールの機能には、コンバータ回路(1相)とインバータ回路(3相)をワンパッケージに搭載しており、小型化した。

急速に普及しているハイブリッド車や電気自動車など、パワーエレクトニクスが必要とされる分野では、現在用いられているSiデバイスよりも電力変換時の損失が少なく、材料物性に優れた、SiCデバイスの実用化が期待されており、これに対応した。

今回開発したSiCデバイス搭載のハイパワーモジュールをハイブリッドカーや電気自動車に適用することで、損失の軽減、システムの小型化・軽量化の大幅な改善が期待される。今後は、SiC−MOSFET単体性能を十分に引き出すパワーモジュール構造の改善とともに、SiC-MOSFETの微細化や構造の改良により大きな性能進化を目指す。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース