三菱 eKスポーツ 一部改良…内装にシルバーパネルを採用

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 eKスポーツ 一部改良…内装にシルバーパネルを採用
  • 三菱 eKスポーツ 一部改良…内装にシルバーパネルを採用
  • 三菱 eKスポーツ 一部改良…内装にシルバーパネルを採用
  • 三菱 eKスポーツ 一部改良…内装にシルバーパネルを採用
三菱自動車は、軽乗用車の『eKスポーツ』を一部改良して8月21日に発売した。

今回の改良では、すっきりとしたシャープなメッキグリルを採用することで、精悍でスポーティな外観に仕上げた。内装では、インストルメントパネル中央部にブラック内装に映える上質なシルバーのパネルを新たに採用した。エンジン制御の見直しにより、10・15モード燃料消費率を0.2km/リットル向上(5MTの2WD車は0.5km/リットル向上)した。

また、便利なマップランプを全車に標準装備化したほか、キーレスエントリーキーで簡単にカスタマイズできる便利なETACS機能を強化した。このほか、10・15モード燃料消費率20.0km/リットルの手ごろな価格のグレード「MX」を新たに設定した。

価格は、127万0500 - 155万4000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集