ブリヂストンと毎日新聞、電子ペーパーによるニュース配信を実証実験

自動車 ニューモデル 新型車

ブリヂストンと毎日新聞、電子ペーパーによるニュース配信を実証実験
  • ブリヂストンと毎日新聞、電子ペーパーによるニュース配信を実証実験
  • ブリヂストンと毎日新聞、電子ペーパーによるニュース配信を実証実験
ブリヂストンと毎日新聞社は、東京都交通局の協力を得て8月19日から都営地下鉄浅草線・新橋駅と都営地下鉄新宿線・新宿三丁目駅構内で、電子ペーパーを使ったニュースと広告掲示を行うデジタルサイネージの実証試験を行うと発表した。

デジタルサイネージとは、屋外や店頭などに設置した電子ディスプレイに、ネットワーク技術を使って情報をタイムリーに表示する新しいメディア。今回の実証試験ではブリヂストンが開発したカラーとモノクロのA3サイズの電子ペーパーを使用する。

ブリヂストンの電子ペーパーは、視認性が高く、視野角が広いのが特徴。電源を切っても表示を維持することができるため、今後紙にかわって普及することで、森林保全(紙資源の保護)や地球温暖化防止(省電力)に貢献できると、している。

今回の実証試験では、写真付きのニュース速報や毎日新聞の朝刊・夕刊の1面の一部を配信するほか、毎日新聞の定期刊行物の広告や主催事業の告知なども行う。また、北京オリンピック開催期間中は、速報の特集記事も配信する予定。

実証試験は2009年3月末までの予定で、新たな情報媒体としての可能性を追求する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集