出光、全製油所 工場でゼロエミッション…目標より1年早く

エコカー 燃費
出光、全製油所 工場でゼロエミッション…目標より1年早く
  • 出光、全製油所 工場でゼロエミッション…目標より1年早く
  • 出光、全製油所 工場でゼロエミッション…目標より1年早く
出光興産は、全ての製油所・工場で、廃棄物の発生量に対する最終処分量の比率が1%以下となるゼロエミッションを達成したと発表した。

廃棄物の最終処分量削減については、「2008年度ゼロエミッション達成」を目標に掲げ、省資源化への取り組みを行ってきた。その結果、全ての製油所・工場の2007年度実績が、目標の1年前倒しでゼロエミッションを達成することができた。

経団連とりまとめの環境自主行動計画では、2010年度までに1990年比で製油所94%、工場88%削減が目標となっており、同社はこの目標も2006年度までに達成している。

各製油所・工場では、ゼロエミッション達成に向け、廃棄物の脱水や焼却による減量化、使用済み触媒の再生使用、石綿(アスベスト)を含めた廃棄物の再資源化などを推進してきた。特に定期補修工事(SDM)の際に出る建設廃材の処理は、これまで埋め立て処分するしかない状況だったが、溶融化処理などによりリサイクルすることができたため、大幅な減量が可能になった。

廃棄物の再資源化が環境に負荷を与える影響を見極めながら、同社では最終処分量の比率を0.5%以下にすることも視野に入れ、今後も環境に配慮した事業活動を継続するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集