ロベール・ドアノーの写真展、ルノー・ジャポン協賛 10月7日

自動車 社会 行政
ロベール・ドアノーの写真展、ルノー・ジャポン協賛 10月7日
  • ロベール・ドアノーの写真展、ルノー・ジャポン協賛 10月7日
  • ロベール・ドアノーの写真展、ルノー・ジャポン協賛 10月7日
  • ロベール・ドアノーの写真展、ルノー・ジャポン協賛 10月7日
ルノー・ジャポンは、10月7日から東京日本橋三越本店で、2009年1月31日から京都伊勢丹美術館「えき」KYOTOで開催されるフランス人写真家ロベール・ドアノー写真展「パリ・ドアノー」に協賛すると発表した。

ロベール・ドアノー写真展「パリ・ドアノー」は、写真家ドアノーを生み出した街パリに徹底的に焦点を当て、厳選されたモノクロ作品約200点を一堂に展示、その業績を紹介する日本で初の大回顧展となる。ドアノーが縦横無尽にとらえた多彩なパリの雰囲気を可能な限り創出するため、額装作品による展示に加え、生前のドアノー自身が実験的に制作したモンタージュ作品や、写真によるインスタレーション作品を組み合わせた躍動感溢れる構成展示を予定している。

パリを舞台に数多くの傑作を生み出したロベール・ドアノーは、ルノーにカメラマンとして採用されたことがきっかけで、プロとしてのキャリアを歩み始めた。ルノー時代に撮影した、数多くのルノー車やルノーの工場、そしてカタログ写真などは、現在でも作品として残されている。

ルノーに縁の深い写真家ドアノーの作品を多くの人に紹介するのを支援するため、ルノー・ジャポンは「パリ・ドアノー」に協賛する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集