【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
  • 【ホンダ フリード 発表】180cm+・90kg+でチェック
ホンダの新型ミニバン『フリード』に、身長180cm+・体重90kg+の記者が乗り込んでみた。

運転席は、ヒザ周りや足下などは特に問題がないのだが、足に合わせるとステアリングが遠く、腕に合わせると、脚部がなんとなく窮屈という、イマイチぴったり来ない感覚。フリードのステアリングも、上下に動かせるだけでなく、手前にも引けるといいのだが。左側の肘掛けは、肩幅60cmある記者にはちょっとかけづらい感じがした。

助手席は、右腕の肘掛けさえ除けば、特に問題はない。記者の場合は右腕が肘掛けからはみ出るような感じだが、室内幅はあるので、ドライバーの左腕と当たる心配はないようだ。足下も広さ的に不足はないし、ドア内側の肘掛けも問題なく置ける。なお、運転席と助手席の間が開いているのは、2列目への移動も可能としているから。記者の体格だと、さすがに楽ではないのだが、ちゃんと2列目へ移動できた。

そして2列目だが、3列目にも人が乗ると、ちょっと記者だと前後に余裕がない感じだ。2列目は2人掛けと3人掛けの2パターンがあるのだが、室内幅は1440mmなので、中央に3列目に移動するためのウォークスルーのある2人掛けならまったく問題ない。3人掛けは、窮屈にしていれば座れないこともない、という感じだ。後部座席のドアはスライド式なので、内側に肘掛けがないのは残念である。

3列目は、やはり前後にあまり余裕がない。また、3人掛けとはいうものの、3列目の室内幅は1240mmなので、記者の体格だとふたりじゃないと無理。ただし、天井は比較的余裕がある方。フリードも、最近流行の1列目から3列目まで徐々に高くなるシアターシートレイアウトを採用しているのだが、それでも頭を天井にぶつけることなく座れた。

しかし、ヘッドレストを引き出せるものの、背もたれがやや小ぶりで、やはり記者の体格だと「座れないこともない」という感じであった。オデッセイでも3列目は記者にきついので、その小型版という趣のフリードにはちょっと無理な注文のようだ。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集